Press "Enter" to skip to content

アプリの写真とは別人レベルの相手が来たときの対処法は

たまごっちん 0

出会いアプリを利用していれば、アプリ内では魅力的な写メで絶対にヤリたいと思えるものの、実際も出会ってみたら写真とはまるで別人なんてこともよくある話。

こういった場合には、どのように対処をするべきなのでしょうか。

詐欺写メを登録するのは常套手段

男性ユーザーがルックスで女性を決めるというのは、彼女たちの中では常識的な知識になります。このため実際の写真ではメッセージを貰えないだろうと写メアプリを使い加工をするのは当たり前のことなのです。

最初の内はバレるのが怖くて会うつもりがないという女性でも、やり取りを続ける内に「もしかして」と期待をして会いに行ってしまうのが女心。

こういったことを責めても仕方ないことなのですから、別人レベルが待ち合わせ場所に来てしまった場合の対処法を覚えておきましょう。

一言理由をつけてドタキャンする

あまり良い方法とは言えませんが、どうしてもエッチができないといった生理的な拒否反応がするレベルであれば、一言理由をつけてキャンセルをしましょう。

待ち合わせ場所まで向かう労力は必要になりますが、この手の出会いにおいてドタキャンは日常茶飯事ですから、相手もよくあることと受け止めてくれます。

黙ってその場を去るのは相手をある程度の時間待たせてしまうことになりますから、必ず連絡をしてあげましょう。

食事やお茶だけをしてとりあえず繋げておく

せっかくやり取りをして出会うまでの課程に至ったのだから、お茶や食事くらいはしても良いというレベルなら、エッチは忘れて少しの時間を一緒に過ごすのもアリです。

友達になっておけば、その友人のかわいい子とつながる可能性もあります。また他にアプリを利用しているユーザーの情報を聞き出すことも可能でしょう。

ドタキャンをして顔を合わせず、関係を切ってしまうのも一つの手ではありますが、何かしらの利益につながる可能性もあるので、一緒の時間を過ごすのは何気におすすめです。

割り切ってエッチを楽しむ

ルックスが好みではなくても、脱がせてみたらエロい身体だったなんてこともありますし、エッチの相性は良かったなんてこともありえます。

出会いアプリでは一期一会は当たり前。据え膳食わぬは男の恥と割り切り、二度と会うことはないと決意してエッチを楽しんでしまうというのも一つの方法です。

顔を凝視しなければ、意外と興奮するかもしれませんし、変わったエッチを楽しむきっかけになるかもしれませんよ。