Press "Enter" to skip to content

このやれるアプリがスゴイことになってる!ブサメンでも簡単にセフレが見つかる理由とは?

出会い系サイトが誕生してからというもの、出会いの場がインターネットを中心としたヴァーチャル空間になったのは皆さんもご存知でしょう。

しかしどのようなアプリでも利用をすれば出会いを実現できるわけではありませんし、エッチなど夢の話です。ここではエッチまで持っていきやすい評判のアプリを紹介します。

成果の上がらないアプリを使っても時間とお金の無駄

まず覚えていて欲しいのは、異性と出会いを実現してくれるアプリは存在しているものの、逆に全く成果が上がらないアプリも存在しているということです。

後者の成果が全くといって良いほどに上がらないアプリを使ったとしても、時間とお金を単純に浪費してしまうだけであり、何も得ることはできないということだけは覚えておきましょう。

3大アプリは確実に押さえておくべき

出会い系を利用してエッチし放題という夢のような生活をしている男性は、3大アプリの存在を知っています。その3大アプリとは、「PCMAX」「ハッピーメール」「ワクワクメール」の3つです。

現在では多くの出会いアプリがありますが、成果をあげられているものといえば本当にその数は限られています。

もともと出会い系サイトとしてスタートしたこの3つのアプリですが、なぜこれほどに評価されているのでしょうか。

運用歴が長く数多くのユーザーを確保できている

紹介した3つのアプリはその前身は出会い系サイトでした。どのサイトに関しても2000年代に運用がスタートしています。つまり15年以上の運用実績があるアプリなのです。

優良アプリかどうかを判断するために大事なのは、実際に使ったユーザーが高い評価を得て使用し続けているということ。

運用歴が長いということは、この情報社会の中で高い評価を得ており、ユーザーを満足させているからに他なりません。

サクラを雇っていたり、業者を放置して全く対処もしないようなサイトやアプリというのは、インターネット上の掲示板などで情報公開をされ、あっという間に運用できなくなってしまうもの。

そんな時代に10年以上も運用できているという事実こそが、3大アプリが優良であることの証明といっても過言ではないのです。

アクティブな会員数が多い

これらのアプリが高い評価をされている理由は、何も運用歴が長い「老舗サービス」だけではありません。

広告バスなどを都会エリアなどで走らせたり、ビル広告を掲載したり、有名雑誌等に広告を掲載するといったユーザーから集めた利用料金を広告費として有効活用し、いつでもユーザー確保を行っていることも評価が高い理由です。

会員数が多いアプリというのも沢山存在しているものの、それはこれまで運用してきた間に登録されている総会員数ではないでしょうか。

独身時代は使っていたけれど、退会するのも面倒だし、そのまま使っていないというユーザーも大勢いらっしゃいます。そんなユーザーも含め総会員数を発表しているわけですから、多くなるのは当然。

しかしいざアプリを利用してみると、アクティブなユーザーは少なく、しかも同じメンツだけという状況も珍しくありません。そんなサイトを利用しても成果が上がるわけがないのです。

その点3大アプリは常に新規ユーザー獲得のために宣伝活動に力を入れており、新規ユーザーが獲得しつつも、既存のユーザーにも新しいサービスを提供したりしているため、アクティブユーザー数が圧倒的に多いという特徴を持っています。

それぞれのアプリの特徴を把握しておく

3大アプリと言っても、それぞれに機能面のち外やユーザーの違いというものがあります。それらをきっちりと把握してベストなアクションを起こしていかないと、セフレを作るどころか普通の出会いすらままならない状況に陥ってしまいます。

どこのどんなアプリを使っても同じだと考え、同じやり方でアプローチをしている方の多くは失敗してしまうでしょう。そうならないためにも、各アプリの特徴は把握しておくようにすべきです。

ハピメの特徴と女性会員データ

ハピメは利用してからエッチまでのスピードが早いと評判のアプリです。いわゆる出会い系アプリであり、女性ユーザーの中には、一般ユーザーになりすました各種業者も見られます。

ただしこれはどんな優良アプリと呼ばれているところでも対策を取ることは難しいため、業者の見分け方のコツを覚えて利用するようにすれば問題ありません。

女性ユーザーの特徴ですが、20代の独身女性が中心になっています。キレイ系よりもかわいい系の女性ユーザーが多いことでも知られており、ゆるふわ系や天然系。更にギャル系などの目立ちながりなパリピも多いと評判になっています。

ワクメの特徴と女性会員データ

次にワクメですが、ハピメと類似したシステムがあるアプリであり、同様に出会い系アプリになります。最大の特徴としては、無料ポイントが多めで懐に優しいということ。

アプリに実装されているゲームなどで遊びクリアをすれば、ポイントが加算されたり、ログインするだけでポイントが付与されたりと大盤振る舞いをしてくれるアプリです。

ポイント購入の際にはキャンペーンなどを行っており、普通に購入するよりも大量のポイントを付与してくれます。これは他のアプリには見られない特徴といえるでしょう。

なるべくお金を使うことなく出会いのチャンスを広げたいと思っている方にはおすすめのアプリと言えるでしょう。

気になるワクメの女性ユーザーの特徴ですが、ハピメ同様に20代の独身女性が多く見られます。天然系の女性ユーザーよりも派手目なパリピ率がハピメよりも多いという特徴を持ちます。

また早婚をして周囲の友人が遊んでいることに憧れを持っている若妻などがちょっとした火遊び感覚で利用していることも多い模様です。

ピシマの特徴と女性会員データ

最後はピシマです。ピシマの特徴はアクティブユーザーが国内最大レベルに多いということ。特に写メの投稿数に関しては、一日に3万件以上にも登ります。

ワクメやハピメと比較すると、ユーザー同士が楽しめるイベントやコンテンツが豊富に用意されており、飽きさせない作りになっているというところが特徴です。

幅広いユーザー数が利用していることで有名なアプリですが、主力は10代後半や20代前半の遊びたい盛りの女性ユーザーになります。

写メを見れば実感すると思いますが、美人系やかわいい系などの女性が多く非常にレベルが高い女性ユーザーが揃っているのです。

一つのアプリに固執せず複数のアプリを使ってみる

3大アプリはインターネットなどの評判を見れば、非常に成果が上がるアプリであることが分かるはずです。体験談も多く存在しており、中には詳細なデータを掲載しているものもあります。

ポイントになってくるのは、たった一つのアプリに固執してそれ以外は手を利用しないという使い方はおすすめできないということ。女性ユーザーの特徴やコストパフォーマンスの良さはそれぞれに違います。

このためそのときの状況によって使い分けができるようなアプリを用意しておいた方が無難なのです。例えば同じアプリで複数の異性へとアプローチするのは何も禁止されているわけではありません。

しかし目立つ掲示板への書き込みや日記への反応を見てしまったらどのように思うでしょうか。少なくても良い気分はしないもの。

しかし複数のアプリを同時に使って、それぞれにターゲットを作れば、このような思いはさせずに済むことになります。こういったちょっとした気遣いができるかどうかで女性ユーザーからの評価は違ってくるのです。

エッチまでの時間で比較をする

複数のアプリを同時利用するのはおすすめですが、利用するには有料であるところが多いので、現実的には2つないし多くても4つ程度が現実的ではないでしょうか。

そういった場合に何を比較してアプリを選ぶべきなのかという疑問も持たれるのは当然でしょう。

そういった場合に比較したいポイントとしては、ずばりエッチまでに至る時間(スピード)です。会員数が豊富にいようと、いくら掲示板等が盛り上がっていようと、実際にエッチまでに至らなければあなたにミスマッチなアプリと判断すべきです。

半年も一年も掛けてじっくりとエッチだけの相手を探すなんていうのも現実的ではありませんね。突然ムラムラとしたときに簡単に会えて簡単にできるスピードこそが何よりも大事ではないでしょうか。

アプリの経験やポイントを押さえた使い方を身に着けておくのが前提ですが、早くヤレなければ意味がないと判断しましょう。

異性のレベルで比較をする

単純にエッチができる女性なら、誰でも良いという男性ユーザーは少ないのではないでしょうか。

できればスタイルが良い女性だったり、ルックスが好みの女性なんて条件があるはずです。人妻は無理だとか、年下は苦手といったステータスのこだわりもあることでしょう。

自分がターゲットにしたい女性ユーザーが登録していなければ、いくら評判が良かったとしても、あなたには不向きなアプリという判断をすべきです。

自分好みのターゲットに出会うためにも、たった一つのアプリに依存することなく、複数のアプリを利用してみるのがおすすめなのです。

やっぱり料金も気にするべき大事なポイント

更に実際にエッチまで無事に済ませるという目的達成のためにトータルでどのくらいのコストがかかるかも大事な比較ポイントになってきます。

この場合は単純にアプリの中で課金をした金額だけではなく、ホテル代や食事代といった実際に顔を合わせた際にかかったコストも含めて算出し、比較すべきです。

例えば実際に会うまでにはコストが掛からなかったものの、待ち合わせから食事代やカフェ代などでコストがかかったというケース。

逆にアプリ内では多くの金額を使ったものの、待ち合わせからラブホまで直行できたというケースなど色々なケースが存在します。

実際にエッチをするという目的達成のために費やしたコストがいくらかによって、もっともコスパの良いアプリをメインに使うべきでしょう。